Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
マクロスF cosmic cuune
マクロスF cosmic cuune (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,ランカ・リー=中島愛,シェリル・ノーム starring May’n
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フライトプラン〜母の愛は強し〜
0
    フライトプラン
    フライトプラン

    映画の感想は久しぶりですかね…

    今回はフライトプランをご紹介。
    ずっと気になっていたので観られてよかったです。

    ではでは皆様、アテンションぷり〜ず


    今回の映画はあらすじでなんとなく読めてしまう感じもしたので
    「これを劇場で観てどうするんだろう…」と思ったのですが、
    実際見てみるといろいろな仕掛けが施されていて面白かったです。

    まず主人公の母親が、最初は娘の居ない不安から半狂乱になり、
    まさに精神病の気配…
    一種の夢落ちorホラーで終わるんじゃないかと物語後半まで
    思っていました。
    私はそれまで、どちらかというと主人公を見張る保安官(?)に
    好感を抱いていたのですが…

    まさか彼が黒幕だったとはね。

    ぜんぜん思わなかったですよ。だまされましたよ。
    (ボケッと観てるからだ)
    ここで一気に母親サイドにつく私。

    …この瞬間はよかったんです。ハラハラして。
    でも立場が逆転すると今度は保安官がダメダメに…

    ホームアローンの続編なのではないかという気持ちが一瞬頭をよぎりました。

    ホーム・アローン コレクション
    ホーム・アローン コレクション

    ↑ちなみにコレ

    エアフォースワンのようなドキドキの駆け引きを期待してたのに…

    消火器はそうやって使うためにあるんじゃない!!!

    …あれだけ緻密な計画を立てた男がなぜあんな阿呆なやられ方を…
    まぁいいんだけどね。
    私の願いとしては、母親と娘が無事再会できればそれでハッピーエンドなので。
    コレといいサイレントヒルといい…アメリカは強い女性(母親)が好きみたいですね。

    現実もあれだけうまく悪に立ち向かえればいいんだけど…。
    ハイジャックはもっと恐ろしいものだと思うので、
    半狂乱の主人公が座席に戻るときに拍手をした乗客に唖然としました

    …それでいいのか。



    ↓今回の話題

    エアフォース・ワン 特別版
    エアフォース・ワン 特別版

    サイレントヒル
    サイレントヒル

    posted by: 京夜 | 映画 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://wonder.fmn.catfood.jp/trackback/475768
    トラックバック
    2007/03/12 6:39 PM
    予告で観たようなスリリングさはないけど無難な作品、と知り合いが言っていたので周囲の評判をなるべく聞かないように(後でガッカリすると嫌なので)していた でも98分という短さを差し引いても飽きずに観れる作品だと思う アクション要素はあまりないけど軽い謎解き
    Cinemermaid
    2007/03/13 6:01 PM
    【FLIGHTPLAN】2006年/アメリカ 監督:ロベルト・シュヴェンケ  出演:ジョディ・フォスター/ショーン・ビーン/ピーター・サースガード 池袋のシネマサンシャインで見てきました。 地元以外で初めて映画を見たん
    BLACK&WHITE
    2007/03/13 7:04 PM
    夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E−474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だっ
    映画とワンピースのこでまり日記